血圧が高い者(最高血圧140mmHg以上または最低血圧90mmHg以上)について、食品や料理を選択するときに塩分を意識する者の割合をみると、40歳以上の男性で約4割、40歳以上の女性で約6割で … あなたは、最新の調理機やキッチン家電を取り入れたいと思うことが多いですか? (単一回答 N=4,166), また、年代別に調べたところ、男女ともに年代が低くなればなるほど、最新の調理器やキッチン家電を取り入れたいと考えている割合が多いことがわかりました。, 最新の調理器やキッチン家電を取り入れることで解決したいと思うことを調査しました。その結果、1位は「より簡単に手早く料理ができる」、2位は「掃除や片づけが楽になる」3位は「より美味しい料理ができる」となりました。また、最も男女の差が開いた回答は「パートナーに楽をさせてあげたい」という回答で、男性の回答率が大きく女性の回答率を上回る結果となりました。, Q11. タメニー株式会社のプレスリリース(2018年10月25日 11時00分)男性の4人に1人が[週3日以上料理をする]料理男子は都市伝説ではなかった! 男女別にみると、夫がまったく家事・育児の分担をしない「夫0割、妻10割」(男性5.8%、女性13.4%)と回答した者は、男性が女性を8ポイント上回り、配偶者に対する分担割合の評価は、女性の方が厳しくなっている(図表4-4-1)。 (30代/男性/個人事業主) ・料理が趣味なので、ほとんど料理関係は自分がしています。掃除は部門ごとに決めています。(30代/男性/個人事業主) ・主に食事を担当しています。料理が好きという理由もあるかもしれません。 近年増加している、男性限定のコースやカップルプランなど'男性向け料理教室'に関心があるか尋ねたところ、「関心がある(とても感心がある+やや関心がある)」という回答が40%となりました。 一方、男性(夫)は、「ほとんどしない」「まったくしたことがない」が合わせて、38.0%、逆に、“週に5日以上”は13.2%、“週に1日以上”との回答は37.0%、“月に1日以上”になると54.1%と半数以上の方が料理をされているとの結果がでました。 既婚の女性に聞きました。あなたは、夫に料理を作ってほしいと思いますか? (単一回答 N=1,983), 女性と男性のそれぞれの得意料理について調査しました。女性は高い順に「みそ汁」「煮物」「カレー」、男性は「カレー」「野菜炒め」「チャーハン」という結果になりました。, 普段の料理をする際に困ることを調査したところ、女性の1位は「献立を考えるのが面倒」。男性の1位は「いつも同じようなメニューになってしまう」という結果になりました。また、女性の4位には「必要な栄養素が取れているのか不安」といった男性はあまり困らない部分に悩みを感じていることがわかりました。, Q9. 一人暮らしの自炊や料理について、男女50人にアンケート! 自炊で食費を節約するコツや簡単にできるおすすめ料理、作り置きのポイントなど、さまざまな声や意見が上がりました。一人暮らしで自炊や料理に悩んでいる方は、きっと参考になりますよ。 週に1日以上料理をする男性は半数以上いることが判明! 一人暮らしの平日夕食をほぼ毎日自炊している割合は男性でも4割超え お弁当を作っている男性は約3割いるという結果に 常備菜などの作り置きを実践している"作り置き男子"は約半数もいることが判明! 社会人のみなさんは、毎日きちんと自炊をしていますか? 独身かつ一人暮らしの社会人の場合、毎日の食事は自分で用意しなくてはいけません。外食やコンビニ弁当ばかりだと栄養バランスが心配ですが、仕事で疲れて帰宅してからの自炊は時間がかかるし面倒ですよね。 あなたは、普段どのくらいの頻度で料理を行っていますか? (単一回答 N=4,524 ), Q2. 男性と女性で好きな料理の傾向は、だいぶ違うもの。 料理を作るときは、何を目的としているのかに合わせてレシピを的確に選ぶ必要があります。 時短料理のレシピと美味しいものを作るためのレシピでも全く違いますし、年齢によっても味の好みは変わります。 男性がしていると好印象な趣味は、男性視点・女性視点どちらも「スポーツ」が最も高く、約半数。 n=480 男性の「料理」、女性の「お花/ガーデニング」は、実際に趣味に挙げる人は少数だが、好印象な趣味として、上位に入っている。 これを性別にみると,女性が36.8%,男性が46.6%と男性の方が高く,年齢別にみると20代,30代よりも40代,50代の方で賛成割合が高い。また,1982年の同調査と比較すると,賛成する割合は低下してい … 料理の調味料が覚えられない時にはこの割合で! 美味しい黄金比 最近は料理のレシピを探すのもネットで簡単に検索できて、いつもレシピを見ながら作っているという方も多いと思います。 「料理をするのは楽しいか」という質問に「あてはまる」と回答したのは全体の65.1%だった(図1)。性年代別に見ると、全ての世代で女性よりも男性の方が割合が高く、特に20代男性(166人)では73.5%、30代男性(167人)では71.3%と7割を超えた。 あなたは、普段お弁当を作ることがありますか? (単一回答 N=4,166), 週末や時間に余裕があるとき、日持ちする常備菜や下ごしらえ等で「作り置き」をしている人はどのくらいいるのか調査しました。その結果、男性の約半数が「作り置きをしている」と回答したことが判明しました。, Q4. あなたは、普段の朝食で、ご飯(お米)かパンかどちらを食べることが多いですか? (単一回答 N=4,524), 既婚者の方に、夫婦では、一緒に料理をすることがどのくらいあるのか調査したところ、一緒に料理をする夫婦は3割を超える結果となりました。, Q6. アイランド株式会社のプレスリリース:新型コロナウイルス感染症拡大による家庭料理の変化に関する調査~69%が「料理をする機会が増えた」、「食費が1万円以上増えた」は26%も~ 料理教室に通いたいけど通えない男性が多い! 料理教室に通う男性は増えてきました。ところが、その在籍率は、なんと女性が9割以上をしめているほどで、まだまだ男性の料理教室通いはそこまで定着していないのが現実です。 あなたは、週末や時間がある時に、日持ちする常備菜や下ごしらえ等で「作り置き」をしていますか? (単一回答 N=4,166), 朝ご飯について、ご飯派かパン派か調査しました。男女差はあまり見られませんでしたが、女性に関しては年代が高くなるほど、パン派よりご飯派が少なくなることがわかりました。, Q5. 男性は料理好きほど頻度増加、女性は料理嫌いでも仕方なく 「料理の好き嫌い」と「料理の頻度」をクロス集計してみたところ、「料理が大好き」と回答した男性が「週1回以上」の頻度で料理をする割合 … 料理教室に興味を持った理由、「自分で美味しい料理がつくりたい」が最多. 彼氏・男子が好きな定番・人気の料理のランキング上位は、「カレー、ハンバーグ、肉じゃが」と決まっている。様々な調査結果をもとに、彼氏が彼女に作って欲しい料理を絞り「デキる女子の腕を磨くべき7つの料理」にまとめ、定番・人気のご飯とおかずを発表します。 料理教室は女性が通う習い事だと思っている方は、女性だけでなく男性だって多いでしょう。 ですが、料理というのは何も女性だけができればよいというわけではなく、男性だってできても良いですし、今では「料理男子」という言葉があるほど、料理上手な男性は増えています。 既婚者の方に聞きました。あなたは、夫婦で一緒に料理をすることがありますか? (単一回答 N=3,143), 既婚の女性に、「夫に料理を作ってほしいか」調査しました。その結果、「非常にそう思う」「ややそう思う」と回答した方が半数を超える結果となりました。また、年代別に回答を見てみると、年代が低くなるほど、夫に料理を作ってほしいと思っている既婚の女性が多いことが判明しました。, Q7. 最近では男性でも家事をする人が増えていますね!日清オイリオの調査(2014年)によると、「日常的に調理を行う既婚男性」は53%と、2009年の調査と比べ8ポイント増加しているとのこと。しかーし! 20代、30代、50代、60代の男性が軒並みをポイントを増加させる中、40代だけ料理を作る … 今年も"食欲の秋"の時期が近づいてきました。美味しい食べ物が多く、料理をする機会も増えるはずです。 この度、健やかな暮らしを提案するリンナイ株式会社(本社:愛知県名古屋市、社長:内藤 弘康)では、男女の料理に関する意識の違いを探るべく、リンナイ公式部品販売サイト「R.STYLE(リンナイスタイル)」会員の全国20~70代の男女計4,524名を対象に、「料理」に関する意識調査を実施しました。 料理研究家・五十嵐夫妻に監修いただき、男女による意識の差をより深く理解していただけるよう調査結果をまとめました。, ※調査結果全文は最下部のPDF版をダウンロードしてご確認ください。 以下の設問番号はPDF版の抜粋です。, ※本リリースの調査結果・グラフをご利用いただく際は、必ず【リンナイ調べ】とご明記ください。, 日頃の料理の実態について、普段から料理する方がどのくらいいるのか調査しました。 女性は、週に1日以上料理をする方が圧倒的に多く、9割を超える一方で、男性でも半数以上いるということがわかりました。また、一人暮らしの方に関しては、平日の夕食をほぼ毎回自炊している人が最も多く、男女ともに4割を超える結果となりました。, Q1. abcは料理を始める男子を応援します!料理ができるようになりたい。何か新しいことをやりたい!現状に満足してない!abcクッキングスタジオで料理をしませんか。 料理が「とても好き」「まあ好き」が63% 料理が好きかとの質問に対して、「とても好き」「まあ好き」の回答が63%となりました。年齢別では 若い世代ほど「好き」の回答が多く、歳をとるにつれて「好き」の割合が減少する傾向となりました。 n= 性), 主婦っぽい定番料理だから。(40代女性). 男性は,20~60代まで有配偶者の割合が低下し,未婚者の割合が上昇傾向にあり,また,30~70代以上まで,有配偶者の割合が,未婚者や死別・離別者の割合より高い 憧れの人と食事に行くときや差し入れをするとき、彼は何が好きなんだろう?嫌いなものは?と悩むこともありますよね。 そこで一般の女性に、普段の生活の中で「これを好きな男性って多いな」「男性の多くはこれが嫌いだな」と感じる食べ物について聞いてみました。 加えて、「20代後半・男性」は『テレビ番組やコミックの影響』の割合が突出しており、これが『美味しい料理を作りたいこだわり派』が多く、『料理の腕に自信がある』世代の形成につながったと言えそ … あなたは、普段料理をする際に困っていることや悩みはありますか? (複数回答 N=4,166), 前問で料理の際に困ることを聞いた上で、最新の調理器やキッチン家電を取り入れたいと思うかどうかについて調査しました。結果、約半数の人が取り入れたいと考えていることが判明しました。, Q10. 一人暮らしの方に聞きました。あなたは、平日の夕食を自炊する(自分で作る)ことが多いですか? (単一回答 N=536) ※「自炊」とは、外食、弁当、電子レンジで温めるだけで済ます場合などを除き、ある程度以上自分の手を加えて作ること。, お弁当に関しては、どれほどの方が作っているのか調査したところ、女性は半数以上の方が「お弁当を作っている」と答えました。意外にも男性は、約3割の方がお弁当を作っているという結果になりました。, Q3. 唯一、女性よりも男性の割合が高くなったのは「ゴミ出し」ですが、料理や洗濯、掃除、子どもがいる家庭の場合は子供の世話まで、男女差が大きく、時間がかかる作業は女性の役目となっている家庭が多いことに改めて気づかされます。 あなたが、最新の調理機やキッチン家電を取り入れることによって、解決したい悩みや期待したいことは何ですか? (複数回答 N=4,166), 本調査で、毎日の献立メニューが変わり映えしないことに悩まされる方が多くいることや、キッチン家電でより簡単に早く料理を作りたいと感じる方が多いことが判明しました。そんな料理の悩みを解決するために、料理研究家である五十嵐夫妻に"時短でこだわり料理"を叶える3つのポイントを教えてもらいました。ご夫婦で料理研究家をされているため、料理をしている割合の低い男性にも実践したくなるポイントを踏まえて教えていただきました。, 調味料にこだわると、料理はグンと美味しくなります。例えば同じ醤油でも、香りがいいものや塩気が強いものや甘みが強いものなど、味わいはさまざま。最初から好みの味には出会えないこともあるかと思いますが、色々と試してみてお好みの調味料を見つけるのがおすすめです。 また、時短でこだわり料理を作りたいけれど、本当に時間をかけられない時は、"かけるだけ" "漬ける"だけで美味しくできてこだわりの味に仕上がる調味料を使うと、時間をかけずにこだわりの味を味わえます。, 例えばフライパンや鍋などは、熱伝導の良い商品を使用すると、ムラなく早く素材に火が通りやすいため、短い時間でもおいしい料理が作れます。また、料理をする上で、材料を切る工程は結構時間がかかるものです。みじん切りならハンディチョッパー、千切りならスライサーを使用するなどして、材料を切るのにかける時間を減らし、減らした分の時間は味付けや調理などの味に影響するこだわりの部分にかけます。, 料理作りにおいては、献立を考えるのは時間がかかるものです。「何を作ろう?」と考える時間を減らせると、料理を作るためにかける時間の短縮になります。好きなメイン料理のリストを作ったら、あとはそれに合う副菜を組み合わせます。春、夏、秋、冬の季節毎に30パターンほど持っておくと、献立に悩みにくくなります。すぐに増やせるものではないと思うので、少しずつ増やしていき、好みが変わったらリストをリニューアルすることも、時短のポイントです。, (注)ニュースリリースに記載されている内容は、発表日時点の情報です。ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。, 【熱と暮らし通信】意識調査:「料理」に関する男女の意識の違いを徹底調査、常備菜などの作り置きを実践している“作り置き男子”は約半数もいることが判明!, 【消費者の安全・安心】環境性能が世界最高レベルのECO ONE(エコワン)ガスと電気のいいとこどりで、もしものときの災害対策. 日本では、いまだに家事の多くを女性が担っているのが現状ですよね。しかし、世界ではどんな感じなのでしょうか。 それがわかるのが、経済協力開発機構(oecd)が2012年に加盟国に行った、男性と女性の1日あたりの家事に費やす時間、および時間の男女差データです。 2011年と比べると、「肉」が男性60代で9ポイント、女性60代で16ポイント増えました。また、男性60代は2011年、2016年とも「肉」と比べて「魚」が高かったものの、女性60代は2011年と比べて、2016年で「肉」の割合が顕著に高くなりました。

品川駅 駅弁 2020, とび森 引っ越しさせる 手紙, 卵 チーズ おかず, Gu メンズコーデ 夏, ゴールドマンサックス パートナー 日本人, 鬼 名前 創作, ろうきん 住宅ローン 在籍確認, シャーロック ホームズ 新潮文庫 順番, ガンバの大冒険 歌 エンディング, シガーソケット 挿しっぱなし Bmw, アルファ オメガ 聖書, ニーアオートマタ マンモス団地 レベル上げ,