2003年04月 - 現在 近畿大学工学部 機械工学科教授. The melodies generated by this synthesis method are more natural than a random sequence of phrases, however, it is difficult to evaluate the effects of the feature vector. 液晶タブレットを用いてインタラクティブに音と図形を生成するためのユーザインタフェースを試作した.システムが入力用の図形を1つ提示して,ユーザがそれをペンで指定することにより音と図形を生成する.本システムでは,入力用図形の大きさ,提示時間,移動距離をユーザに合せて設定することができる., A Study on the UI of Musical Performance System and Score Representation, Knowledge representation of the melody and rhythm in koto songs. 近畿大学の入試情報サイト。高校生・受験生の方へ、入試に関する情報、学部・学科や教育・研究環境の紹介、オープンキャンパスや進学相談会のスケジュール、学生生活や就職・資格に関する情報等をお … The next experiment is designed to measure human memory on rhythmic patterns (sequence of quarter notes and eighth notes). In the first experiment, one of three conditions (the display time of input area, the size of input area, and the distance between current input area and next one) is changed and correct inputs are counted in each session. 近畿大学の入試情報サイト。高校生・受験生の方へ、入試に関する情報、学部・学科や教育・研究環境の紹介、オープンキャンパスや進学相談会のスケジュール、学生生活や就職・資格に関する情報等をお … 近畿大学の入試情報サイト。高校生・受験生の方へ、入試に関する情報、学部・学科や教育・研究環境の紹介、オープンキャンパスや進学相談会のスケジュール、学生生活や就職・資格に関する情報等をお … 2013年04月 - 2019年03月 近畿大学 工学部 電子情報工学科 准教授Faculty of Engineering, Department of Electronic Engineering and Computer Science. 電子情報工学科は、コンピュータ・ハードウェアの中心となる電子機器の仕組みや設計を学ぶ電気電子分野と、ソフトウェア技術の中心となるプログラミング言語やアルゴリズム、そのシステム構築方法などを学ぶ知能工学分野、ネットワークシステムを設計・運用する方法などを学ぶ情報通信分野を、広い視野を保ちながら学んでいくことができます。 The system makes the feature vector for each phrase, and then chooses the nearest one to generate the next phrase. 近畿大学理工学部電気電子工学科の口コミページです。近畿大学理工学部電気電子工学科の授業、ゼミ・研究室、先生、学費、就職先などに関する口コミを掲載しています。 1/27(水)に空手道部に所属する情報学科3年の崎山 優成選... KINDAI UNIVERSITY 近畿大学 工学部・大学院 システム工学研究科 This paper also describes a prototype of improvisation system, where users can select melodic patterns and pitches on LCD tablet. 近畿大学電子情報工学科の2020年度入試ページです。近畿大学電子情報工学科の一般・センター利用入試の情報を掲載しています。また、募集人数、試験科目、偏差値などの詳細情報も比較して見ることが … 情報工学を学べる大学・短期大学(短大)を237校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った大学・短期大学(短大)を絞り込めます。大学・短期大学(短大)選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】 近畿大学工学部の偏差値2021年度版最新データです(河合塾提供)。偏差値やセンター得点率、ライバル校との比較など、学校選びに役立つ情報を掲載しています。 To make the feature vector, the system calculates the average of pitches in a phrase, the average of durations in a phrase, the difference between max pitch and min pitch in a phrase, etc. 近畿大学工学部の偏差値・口コミなど、大学の詳細情報をまとめたページです。他にも入試情報、学費、就職実績、合格体験記など、他では見られない情報が満載です。 This system can synthesize the melodies by reusing huge music resources. 近畿大学工学部電子情報工学科の口コミページです。近畿大学工学部電子情報工学科の授業、ゼミ・研究室、先生、学費、就職先などに関する口コミを掲載しています。 情報工学を学べる私立大学を134校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った私立大学を絞り込めます。私立大学選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナ … 近畿大学工学部(広島キャンパス) 〒739-2116 広島県東広島市 高屋うめの辺1番. Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved. 近畿の情報工学を学べる大学・短期大学(短大)を42校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った大学・短期大学(短大)を絞り込めます。大学・短期大学(短大)選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】 This prototype system builds phrase database for each composer and synthesizes the music by choosing the phrases alternately from two databases. Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. 近畿大学の入試情報サイト。高校生・受験生の方へ、入試に関する情報、学部・学科や教育・研究環境の紹介、オープンキャンパスや進学相談会のスケジュール、学生生活や就職・資格に関する情報等をお … tel (082)434-7000 / fax (082)434-7011 1994年04月 - 2003年03月 近畿大学工学部 助教授Faculty of Engineering. 電気電子工学及び情報工学は、現代社会を支え、発展させるための基礎となる学問です。そこで、本学科では両分野の観点から幅広い知識と技術を身につけ、社会に貢献できる人材を育成する教育・研究を … 近畿大学 工学部・大学院 システム工学研究科公式ウェブサイト。近畿大学の工学部・大学院 システム工学研究科に関する最新のトピックスをご覧頂けます。 近畿大学の電子情報工学科で学べる学科・コースや特長などを紹介しています。他にも学部や学科の詳細や学費のこと、学校見学会、オープンキャンパス情報、入試情報などを掲載しています。大学・短大・専門学校の進学情報なら【スタディサプリ 進路(旧:リクナビ進学)】 近畿大学理工学部機械工学科の西籔和明教授は、「炭素繊維強化プラスチック」(cfrp)の研究者だ。炭素繊維は今から約60年前に発明され、ロケットや航空機、テニスラケットや釣り竿などの素材として幅広く活用されている。 - 2003年   早稲田大学   Graduate School, Division of Science and Engineering, 1987年 - 1989年   早稲田大学大学院   理工学研究科   電気工学専攻, - 1989年   早稲田大学   Graduate School, Division of Science and Engineering, - 1982年   早稲田大学   Faculty of Science and Engineering, 順序回路の学習支援システムを学部1年生に使用してもらいアンケートを実施した.その結果,音声の導入や複数教材の利用が初学者にとって有効であると推測できるが,改善の必要があることも分かった., 本研究では,初学者向けの順序回路の学習支援システムを開発した.回路図,状態遷移表,および説明文などの各教材は同期して変化させるようにした.回路図問題では,数値入力を行う問題と,ゲート・配線を入力する問題を作成した.また,学習者の入力内容を記録するようにした.また,本システムにとって有効な入力方式を調べるために実験を行った.入力履歴とアンケート結果を分析し,マウス入力が最も使いやすいこと,およびペンや指による入力には問題があることが分かった., 本論文では,学習支援システムに新たに追加した機能と確認テストの詳細について述べた.学習支援システムでは,学びたい回路の説明に移動できるようにメニューを作成し,理解が難しいところに別ウィンドウで詳しい説明を表示させた.また,学習システムの画面の各教材を音声で順に説明するようにした.確認テストではテキスト問題と回路図問題がある.テキスト問題では各回路の学習が終わるごとに確認テストに移動し問題を解き,合格ならば回路図問題に進み,不合格ならば再度学習する.回路図問題は回路図に数値記入を行う問題である.回路図問題では合格すれば次の回路の学習ができる., 順序回路は状態の概念があるため,初学者が実験あるいは講義で理解することは難しい.そこで,学生がフリップフロップの実験を行った後に理解を深めるために,学習支援システムを開発した.本システムでは,回路図,説明文,タイミングチャート,状態遷移図,および状態遷移表を同一画面上に表示し,これらを同期させて状態の遷移を説明する.また学習後に学生の理解度を確認するためのテストを行う.本システムはタッチパネルを用いており,ペンや指で入力ができるようにしている., 本研究では,液晶タブレットの筆圧をアプリケーションで使用するため,20[ms]時点での筆圧の強弱を分離する方法について検討した.被験者15名に対し,筆圧の強と弱を入力する実験を行い,結果を分析した.20[ms]時点で,筆圧強の平均値から標準偏差の2倍を引いたものと,筆圧弱の平均値に標準偏差の2倍を足したものを比較して分離の可能性を調べた.その結果,分離可能な被験者と分離不可能な被験者がいた.筆圧とその標準偏差で分離が難しい場合,20[ms]と10[ms]の筆圧の差分をとり,その平均値と標準偏差の2倍を用いる方法を併用することが有効であることが分かった., 本研究では,被験者に強・弱の筆圧でペン入力してもらう実験を行った.その実験データから筆圧の平均値の時間変化,ヒストグラム,および標準偏差を求め,筆圧の強・弱が分離可能かどうかについて検討した結果,条件付きではあるが分離可能であることが示された.また,被験者に図形を掲示してその中にペン入力してもらう実験を行った.入力図形の掲示時間,半径,および移動距離を変化させ,それぞれの成功回数の変化を調べ,ペン入力を行うための条件を求めた., An Interactive Improvisation System Using Melodic Patterns, 異なる音楽ジャンルの分析から,短い旋律は各ジャンルに共通して用いられることがわかったので,それらのパターンを使用して旋律を合成するシステムを開発した.パネル上で旋律パターンの形状を指定し,開始音領域に入力すると旋律が生成される.旋律パターンをユーザの好みに合わせて学習するために,遺伝的アルゴリズムを用いた学習システムを追加した.本システムは他の楽器との合奏に用いることが可能であり,音楽療法への応用を目指している., 液晶タブレットおよびタッチパネルを使用し,旋律パターンをユーザが指定することにより旋律が合成できるシステムを試作した.旋律パターンは,遺伝的アルゴリズムを用いて学習できるようにした.旋律を音程列とリズムに分け,音程列は4音の長さのパターン,リズムは1小節のパターンを学習する.初期世代は現実に多用されるパターンとし,ユーザが選択した複数個体から突然変異・交差により新しい世代を生成する.旋律パターンをユーザの好みに合わせて学習することが可能となった., 既存楽曲のフレーズを用いた旋律合成について検討した.J-POPの既存楽曲の旋律を休符で分割してフレーズを切り出し,フレーズDBを作成した.各フレーズに対し特徴ベクトルを作成して,ベクトル間の距離が近いフレーズを順に選択して旋律を合成するシステムを作成した.特徴量の組み合せを変えて旋律を合成し,合成結果の聴取実験を行った.特徴量としてリズム情報を用いることで,合成される旋律の評価が高くなることが分かった., J-POPにおける3作曲家の楽曲の旋律分析より得られた特徴の有効性を確かめるため,得られた特徴を用いて作曲家ごとに楽曲を分類可能か調べた.5音旋律,音階上の1音,および音階上の3音旋律について,それぞれ3次元特徴ベクトルを用いNN法により分類した結果,一部の曲が正しく分類できなかった.そこで,全ての特徴量を正規化して組み合わせ9次元の特徴ベクトルを用いて分類を行った結果,正しく分類できた曲の割合は約69%~81%となり,本研究で抽出した特徴の有効性が確認できた.. 情報工学を学べる国公立大学を94校掲載中。エリア、定員数、学費、学校の特長、学部・学科・コースの詳細で自分に合った国公立大学を絞り込めます。国公立大学選びなら【スタディサプリ 進路(旧:リ … 近畿大学 産業理工学部(きんきだいがく さんぎょうりこうがくぶ、英称:kindai university faculty of humanity- oriented science and engineering)は、近畿大学に設置されている学部の一つである。 文系1学科、理系4学科を持つ文理融合の学部として文理協同の新しい発想を持った教養のある社会人の育成 … This paper describes the experiments of human factors on pen input of LCD tablet. The rhythmic patterns used in the previous experiment are applied to the improvisation system. 2019年04月 - 現在  近畿大学 工学部 電子情報工学科 教授Faculty of Engineering, Department of Electronic Engineering and Computer Science, 2013年04月 - 2019年03月  近畿大学 工学部 電子情報工学科 准教授Faculty of Engineering, Department of Electronic Engineering and Computer Science, 1985年04月 - 1987年03月   東京大学大学院 理学系研究科 物理学専攻 修士課程   Graduate School of Science   Department of Physics, 1983年04月 - 1985年03月   東京大学 理学部 物理学科   Faculty of Science   Department of Physics, 1981年04月 - 1983年03月   東京大学 教養学部 理科一類   College of Arts and Sciences, Shunji Nakata; Masaki Ono; Masato Sakitani, Shunji Nakata; Hiroshi Makino; Junpei Hosokawa; Tsutomu Yoshimura; Shuhei Iwade; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Hiroki Hanazono; Hiroshi Makino; Hiroki Morimura; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Hiroshi Makino; Ryota Honda; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Hiroshi Makino; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Takashi Kato; Shinya Ozaki; Takeshi Kawae; Akiharu Morimoto, Shunji Nakata; Ryota Honda; Hiroshi Makino; Shin'ichiro Mutoh; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, H. Makino; S. Nakata; H. Suzuki; S. Mutoh; M. Miyama; T. Yoshimura; S. Iwade; Y. Matsuda, Shunji Nakata; Ryota Honda; Hiroshi Makino; Hiroki Morimura; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Ryoji Maeda; Takeshi Kawae; Akiharu Morimoto; Tatsuo Shimizu, Hiroshi Makino; Shunji Nakata; Hirotsugu Suzuki; Shin'ichiro Mutoh; Masayuki Miyama; Tsutomu Yoshimura; Shuhei Iwade; Yoshio Matsuda, Hiroshi Makino; Shunji Nakata; Hirotsugu Suzuki; Hiroki Morimura; Shin'Ichiro Mutoh; Masayuki Miyama; Tsutomu Yoshimura; Shuhei Iwade; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Hiroshi Makino; Shin'ichiro Mutoh; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Hirotsugu Suzuki; Hiroshi Makino; Shin'ichiro Mutoh; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Shin'ichiro Mutoh; Hiroshi Makino; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, Hiroshi Makino; Takahito Kusumoto; Shunji Nakata; Shin'ichiro Mutoh; Masayuki Miyama; Tsutomu Yoshimura; Shuhei Iwade; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Hirotsugu Suzuki; Ryota Honda; Takahito Kusumoto; Shin'ichiro Mutoh; Hiroshi Makino; Masayuki Miyama; Yoshio Matsuda, Shunji Nakata; Shingo Nagai; Minoru Kumeda; Takeshi Kawae; Akiharu Morimoto; Tatsuo Shimizu, Shunji Nakata; Yoshitada Katagiri; Shun-ichi Matsuno, Shunji Nakata; Shingo Nagai; Minoru Kumeda; Takeshi Kawae; Akiharu Morimoto; Yoshitada Katagiri; Tatsuo Shimizu, Shunji Nakata; Takakuni Douseki; Yuichi Kado; Junzo Yamada, YK FUKAI; H NAKANO; S NAKATA; S TARUCHA; K ARAI, Shunji Nakata; Masafumi Yamamoto; Takashi Mizutani, M YAMAMOTO; S NAKATA; K AIHARA; T MIZUTANI, Shunji Nakata; Masaaki Tomizawa; Masafumi Yamamoto; Kenji Ikuta; Takashi Mizutani, Shunji Nakata; Kenji Ikuta; Masafumi Yamamoto; Takashi Mizutani, Shunji Nakata; Yoshiro Hirayama; Seigo Tarucha; Yoshiji Horikoshi, Seigo Tarucha; Yoshiro Hirayama; Tadashi Saku; Shunji Nakata; Yasuhiro Tokura, Shunji Nakata; Shoji Yamada; Yoshiro Hirayama; Tadashi Saku; Yoshiji Horikoshi, 2017年12月 平成29年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 電子情報通信学会中国支部奨励賞, 2017年12月 平成29年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会中国支部奨励賞, 2017年12月 平成29年度電気・情報関連学会中国支部連合大会 電気学会優秀論文発表賞, 2018年04月 - 2019年03月   電気学会中国支部   H30年度電気学会中国支部見学会実行委​員長, 2018年09月 - 2018年10月   第69回電気・情報関連学会中国支部連合大会   プログラム編成会議委員, 2017年09月 - 2017年10月   第68回電気・情報関連学会中国支部連合大会   プログラム編成会議委員, Investigation of charging efficiency of a lithium ion capacitor during galvanostatic charging method, 定電流電源を用いてキャパシタを充電した場合における電気エネルギーおよび充電効率とキャパシタ容量との関係, Characteristic of an adiabatic charging reversible circuit with a Lithium ion capacitor as an energy storage device, An adiabatic charging reversible circuit with stepwise voltage control method using a microprocessor, An Adiabatic Circuit with Consecutive Changes of the Duty Ratio of the Switching Transistor Using a Microprocessor, Energy Efficient Stepwise Charging of a Capacitor Using a DC-DC Converter With Consecutive Changes of its Duty Ratio, Increase in Read Noise Margin of Single-Bit-Line SRAM Using Adiabatic Change of Word Line Voltage, ANALYSIS OF VOLTAGE, CURRENT AND ENERGY DISSIPATION OF STEPWISE ADIABATIC CHARGING OF A CAPACITOR USING A NONRESONANT INDUCTOR CURRENT, A New Stepwise Adiabatic Charging Circuit with a Smaller Capacitance in a Regenerator than a Load Capacitance, Improvement of charge trapping characteristics of Al2O3/Al-rich Al2O3/SiO2 stacked films by thermal annealing, General Stability of Stepwise Waveform of an Adiabatic Charge Recycling Circuit With Any Circuit Topology, Utilising the normal distribution of the write noise margin to easily predict the SRAM write yield, Energy Dissipation Reduction during Adiabatic Charging and Discharging with Controlled Inductor Current, Charge trapping characteristics of Al2O3/Al-rich Al2O3/SiO2 stacked films fabricated by radio-frequency magnetron co-sputtering, Reexamination of SRAM Cell Write Margin Definitions in View of Predicting the Distribution, Accelerated evaluation method for the SRAM cell write margin using word line voltage shift, Energy Dissipation Decrease During Adiabatic Charging of a Capacitor by Changing the Duty Ratio, Increasing Static Noise Margin of Single-bit-line SRAM by Lowering Bit-line Voltage during Reading, Adiabatic charging and discharging method with minimum energy dissipation for a variable-gap capacitor system, Stable adiabatic circuit using advanced series capacitors and time variation of energy dissipation, Simultaneous enlargement of SRAM read/write noise margin by controlling virtual ground lines, Adiabatic SRAM with a Shared Access Port using a Controlled Ground Line and Step-Voltage Circuit, Etching rate, optical transmittance, and charge trapping characteristics of Al-rich Al2O3 thin film fabricated by rf magnetron cosputtering, Adiabatic quasi 6T-SRAM with shared writing and reading ports, Electrostatic energy, potential energy, and energy dissipation for a width-variable capacitor system during adiabatic charging, Electrostatic energy, potential energy and energy dissipation for a width-variable capacitor coupled with mechatronical potential energy during adiabatic charging, Stability of adiabatic reversible charging using 1D-capacitor array between the power supply and ground, Stability of adiabatic circuit using asymmetric 1D-capacitor array between the power supply and ground, Stability of an adiabatic circuit with inductive load using 1D-capacitor array between the power supply and ground, Transport and Optical Characteristics of Al-rich AlO Film and its Application to a Nonvolatile Memory, Adiabatic SRAM with the large margin of V-th variation by the gradual change of the voltage, Non-volatile Al2O3 memory using nanoscale al-rich Al2O3 thin film as a charge storage layer, Analysis of the stability of adiabatic reversible logic using the theory of normal modes in coupled oscillators, Nonvolatile memory using Al2O3 film with an embedded Al-rich layer, The stability of adiabatic reversible logic using asymmetric tank capacitors and its application to SRAM, Non-volatile Al2O3 memory using an Al-rich structure as a charge-storing layer, Adiabatic Charging Reversible Logic using a Switched Capacitor Regenerator, A low power multiplier using adiabatic charging binary decision diagram circuit, EFFECTS OF ANNEALING, USING A PLASMA-EXCITED CHEMICAL-VAPOR-DEPOSITION SIN FILM AS A CAP, ON THE CARRIER DENSITY OF ALGAAS/GAAS HETEROSTRUCTURES AND SI-DOPED GAAS, TRANSITION FROM WEAK TO STRONG SPIN-ORBIT SCATTERING REGIME IN DIFFUSIVE INGAAS/INALAS QUANTUM WIRES, Effects of annealing using plasma-excited CVD SiN film as a cap on the mobility of AlGaAs/GaAs two-dimentional electron gas, THE DEPENDENCE OF BOUNDARY SCATTERING IN SPLIT-GATE QUANTUM WIRES ON THE TRANSVERSE-MODE NUMBER, Electrical transport properties and confinement potential analysis of buried AlGaAs/GaAs quantum wires, Observation of Coulomb-blockade oscillations by the back gate with subattofarad mutual capacitance, Transport properties of buried AlGaAs/GaAs quantum wires, Observation of tunneling phenomena and the charging effect through small constricted regions in semiconductors fabricated with a focused ion beam at 4.2 K, Transport characteristics of AlGaAs/GaAs wires fabricated by focused Ga-ion-beam implantation, Fabrication of quantum wires by Ga Focused-Ion-Beam Implantation and their transport properties, Non-volatile Al2O3 memory using an Al-rich structure as a charge-storing layer (vol 41, pg 721, 2005). 2004年04月 - 2007年03月 近畿大学工学部 電子情報工学科専任講師 学歴 2001年 - 2003年 早稲田大学 理工学研究科 情報科学専攻 This paper describes the prototype system that extracts phrases from existing music and that synthesizes new music using those phrases. All rights reserved.

Missデビル 4話 Pandora, 女芸人 コンビ 若手, ドラえもん コラボ ユニクロ, ユニバ 入場制限 10月, オーキド博士 セリフ 初代, お米 値段 1kg, 消火器 リサイクルシール 消費税, ニーアオートマタ カメラ Mod, ラプンツェル 服 あつ森, Google ギガ どれくらい使う, Sbi証券 銀行口座 おすすめ,